スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンツァ予選

今日は9.11ですね。
世界を凍らせたあの事件からもう9年ですか。
早いですね、ヤバいですね。
この分だと気が付けばもう還暦!って感じでしょうね。

さて、ヨーロッパラウンド最終戦、イタリア・モンツァです。
19戦中の14戦目ということで、
そろそろチャンピオン争いのプレッシャーがズドーンと重たく圧し掛かってきますね。
現在のポイントはこうなっています。

1 Lewis Hamilton 182
2 Mark Webber 179
3 Sebastian Vettel 151
4 Jenson Button 147
5 Fernando Alonso 141

6位のマッサはちょっと離れるので、この5人に絞られたと言って良いでしょう。
2位と3位がドライバー・チーム共にチャンピオン未経験なので、
観てる方もそわそわ感があるんですよね。

予選はこうなりました。

1 F Alonso (ESP) Ferrari 1'21.962
2 J Button (GBR) McLaren 1'22.084
3 F Massa (BRA) Ferrari 1'22.293
4 M Webber (AUS) Red Bull 1'22.433
5 LC Hamilton (GBR) McLaren 1'22.623
6 S Vettel (GER) Red Bull 1'22.675

やっぱりきました、ジモティー・フェラーリ。
チームオーダー騒動がありながらも、意地の1,3位。
2台で空力セットを大きく分けたマクラーレンはバトンが当たりでフロントローに。
レッドブルは、ここではそんなもんじゃない?の4,6位。
でも、ベッテルが後ろなので、これまた危険な香りがプンプンします。
ベッテル的には、このコースではマクラーレンやフェラーリに前に行かれても、
ウェバーにポイントでこれ以上離されるわけにはいきませんからね。
上位を引っ掻き回すのでは?と思っていたフォース・インディアは今ひとつ。
可夢偉はマシンがちょっと辛そうですが、来シーズンの残留も決まったことですし、
無理せずイケる範囲で良いバトルを見せてもらいましょう。
明日のレースが楽しみです。
アロンソ・マッサでフェラーリ・ワン・ツーかなぁー。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jean Aoji

Author : Jean Aoji
Osaka Japan, M, A+
Chassis : Birel RY31-S1
Engine : ROTAX FR125MAX

カウンター


↓現在の閲覧者数↓

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。