スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わりの始まり

一昨日の新聞報道が業界に強烈な衝撃を与えております

本部社員の血の気が引いてます。
「僕たちが店に要求してきたことって悪いことだったのでしょうか?」
「僕たちが店に説明してきたことってウソだったのでしょうか?」
「会社に損害賠償命令が下りたら、僕たちリストラされるのでしょうか?」
んなこと知るか!前々からホントのこと時間かけて教えてきてあげてたやん。
でも、なんか、かわいそうになってきました。
オウムの末端信者みたいですね。コワいですね

対して、上の方の奴等への憤りは再燃しております
週明け、ボイスレコーダ忍ばせて、ネッチリと尋問してやろうと思います。
しかしねー、こっちは新車を仕上げていく仕事や決算・申告で忙しいのよ。
そんな楽しみは今いらんねんけどなー、ぷんぷん。

消費者ではなく、店舗経営者が一番の「お得意様=カモ」であるセブン商法の、
終わりが始まった気がします。
日本に正しいフランチャイズ・ビジネスが根付くよう、公取委には、
徹底的に調べ上げて欲しいですね。
くれぐれも、毒まんじゅうに目が眩み、改善命令止まり、なんちゅーのはやめてね

コメントの投稿

非公開コメント

お涙ちょうだい報道でしょうかね。
坊主憎けりゃ袈裟まで憎いって
ことで、みーんな同じですよ。
会社で責任とりゃいいと思います。

カギ括弧の部分はナマの社員の声なんですよ。
社内は大混乱らしいです。
加盟店もそうなんですけど、店舗指導社員すら、利益分配をはじめいろんなからくりには気付いてない人が多いんです。
一部の反乱店舗がでまかせホザいてると吹き込まれてきたんですね。
東京芝の第7サティアンでi-282
今まで信じてきたものが悪で、厄介者が主張してきたことが正?
もう頭パニックみたいです。

記者会見も弁護士任せで逃げてた経営陣が、どの面下げて事情説明するのか、非常に楽しみですよ。
総額、何千億、もしかしたら兆オーダーの損害を与えたと判断される可能性もありますからね。

でも公取が黒と判断しても、罰金は国に入ってしまうのでは?

それを根拠にFC店が訴訟を起こすっていう形なんですかね?

今回は一般消費者に直接の損害を与えているわけではないので、国がぶん取る課徴金は課さないのでは?と思います。
公取委が独禁法違反であると認定したら、被害者はそれについての損害賠償請求ができるんですね。
訴訟といえば訴訟ですが、いちいち証拠集めて本部の罪を証明する必要がありません。
またそうなれば自ずと集団で動くことになるでしょうし、費用の面でも時間の面でも楽チンチンなんですよー。
ま、カネ返せ!っちゅうのもあるんですけど、トップのあいつだけは刑事訴追になってブタ箱に放り込んで欲しいです!
あんな経済ヤクザが日本の流通業をおさえていると思うとゲロ吐きそうで。
プロフィール

Jean Aoji

Author : Jean Aoji
Osaka Japan, M, A+
Chassis : Birel RY31-S1
Engine : ROTAX FR125MAX

カウンター


↓現在の閲覧者数↓

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。