スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血の開幕戦

痛いよー!痛いよー!お母ちゃーん!
私、カートの事故で初めて出血しました

★2009年北神戸第1戦
RMCクラス エントリー11台

さぁ、こんなに景気が悪くて、こんなに気温が低いのに、2009年開幕です!

前年チャンピオンの田N君は、今年、韓国で4輪(ハコ)のシリーズレースに出るそうで、
参戦していません。スゴいなー、プロドライバーですよ!

前々年、まだRMCクラスがのほほんとしていた頃のチャンピオン、ばかさか氏は、
今年更に若い強敵が増えることを嗅ぎつけ、SSクラスに逃げていきました

そんな中、今年の栄冠を勝ち取るのは果たして誰なのでありましょうか?

今年は大きなレギュレーション変更がありまして、
タイヤは、昨年までのブリヂストンYGKではなく、MOJO(D2)タイヤを使用することになりました。
20090125121620.jpg
MOJO(モジョ)…変な名前です。
RMCクラスに既婚の女性カーターが出たら、「奥様はMOJO」ってことになりますね。
そのタイヤをヤマト運輸に運んでもらったら、「MOJOの宅急便」…なんちって
ともかく、名前はカッチョ悪いんですが、
ドイツの老舗タイヤメーカー製のRMCクラス世界標準タイヤなのであります。

●公式練習
MOJOタイヤ、なっかなか皮むけません!
皆、口々に特にリアが温まるのが遅いって言ってましたが、
僕の場合は走りきっても温まった感じがなかったです。
タイムは36.5くらいで、他のカートに全然ついていけませんでした
ハマグリ大先輩はブーイングサイン、ばかさか氏はニヤけてました。
まぁね、もともと去年終盤からリアのグリップ不足も放置してましたからねー。
早くも終わってますわー、これ。

●タイムトライアル(1周)
とにもかくにもリアを早く温めるために、リアトレッド詰めて、
スピンしてもええわ位のヒーティングをしてからアタックに入りました。
17307389_org_v1232982956.jpg<写真:ちょいわる氏>
案外上手くグリップしてくれましたが、最終コーナーでオーバーラン。
あいたたた、でしたが、結果5位。
「ミスらんかったら3位か、皆もうちょっと速く走ってよ。」
などとカマしてましたが、ヒーティングだけで獲ったポジションであることはわかってました。

●予選(10周)
スタートミスる、ブレーキ効かない、リアグリップしない、エンジン伸びない、もう最悪。
10位までガンガン落ちていきました。
走行後、エンジンが回ってないのでいろいろみてたら、
20090125140943.jpg
あれれー全開になってねーや!

●決勝(15周)
エンジンは少々回るようになったものの依然として13000回転まで届かず。
でももっと困るのはリアのグリップがないことです。
高速の1コーナー以外はどのコーナーもホントに苦しい。
最下位の三男に突っつかれ悪戦苦闘。
途中、長男と浜D氏が接触して失速したところを漁夫の利で8位浮上。
ラッキー!今日はこの順位で終われれば御の字だ、と思ったのも束の間。
三男に抜かれ、抜いた浜D氏に抜かれ、長男にもやられそうだなこりゃと思ったら、
ドンガラガッシャーン!
痛いたいたいたいっ!足がっ!
7コーナーターンインのときに長男のカートが乗っかってきました。
17310229_org_v1232985106s.jpg<写真:ちょいわる氏>
…今のは、ないわ
2台ともコースアウトリタイヤ。
車検場での長男の発言に、さすがの温厚な僕もプチ切れしかけるシーンもありましたが、
EIKOの写真館に載ったら全国のちびっこに恥ずかしいと思い、静まりました。
悲しいけど、これ、レースなのよね。

ま、事故そのものよりも、消耗パーツをケチって引っ張りながらも新車も投入しない、
中途半端な状況が問題なのですよ。

20090125154817.jpg
ビレジ、2年以上に渡り、お疲れさん。
嫁入り前の大事な身体だったのに…

さぁ、次戦は新車でGO!ですよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プププッ

おつかれさまー(笑)

大変でしたねー♪

ウチのチームの場合、ボクがあんな目にあっても「後ろの方走っとるからやんけ」ってボスに一蹴されるけどね。

逃げたんじゃないよ、避けたんだよん♪

一緒か…

ペッペッペッ

「後ろの方走っとるからやんけ」
には100%納得です。
自分もそう思ってるんで。
それよっか、なんですか?
堅気のドライバー相手に容赦の無いあの勝ち方は!
バトルが無いと、ばかさかさん、まるで良い人みたいやないですか!
新車になってから戦いたいんで、そのうちRMCにも出てくださいよ。
プロフィール

Jean Aoji

Author : Jean Aoji
Osaka Japan, M, A+
Chassis : Birel RY31-S1
Engine : ROTAX FR125MAX

カウンター


↓現在の閲覧者数↓

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。