スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老人の誘惑

むかしむかしの昨日の話、とあるサーキットでの実話です。

前日からの仕事のドタバタでカートをKT仕様に変更する間もなく、
とりあえず走りました程度の公式練習の後、
14台中12位でタイトラを終えました。

そんな僕に、黄色い衣をまとった怪しげな老人が近づいてきて言いました。
「あのなー、僕の近く走らへん? ウッヒョッヒョッヒョ」
「クリタさん、グリッド何番なんですか?」
「君の前 ウッヒョッヒョッヒョ」
「ほな普通に近くで走れますやん。」
「ちゃうねん、ちゃうねん。決勝でな、フロントローに並んでな…、ウッヒョッヒョッヒョ」
「えっ?」
「ボク、予選1周で帰ってくるしな、ウッヒョッヒョッヒョ

※そのクラスは予選順位のリバースグリッドで決勝を行うルールになっていました。

でな、決勝ローリングでみんなかぶらせたろ、ウケるでぇ。 ウーッヒョッヒョッヒッヒョ」

老人の眼は少年のそれのように輝いてました。
どうやら、ローリングのコンビ探しで、若者にことごとくキョヒられて僕のところにきたようです。

どうしたものか?

かつては、飛んだり跳ねたりしてカラダを張って笑いを取っていた老人が、
ここんとこラクしてウケようという甘えた考えに陥ってきているような気がします。
ローリングが最大の武器っちゅーのも憐れむべき事態です。
歳とってもそんな風にはなりたくないなぁと思いつつも、
老人にはいつもの相方がいない状況も考慮して、
年齢的に一番近い自分が良き理解者になってあげなければいけない。
僕は慈悲の心で協力することにしました。

●予選ヒート
早々に老人は車検場に消えていきました。
僕は朝から全然タイムが出てなかったので、しばらくちゃんと走ってからにしたかったんですけど、
フロントに並ばなければ意味が無いので2周目で退場しました。

●決勝ヒート
良い子は真似してはいけない紙吹雪グリッド紹介のあと、押しがけスタート。
1コーナー過ぎからローリング速度です
それからも超低速で隊列に並んだカートを相当困らせはしましたが、
予選上位の後方が警戒して間をあけて押しがけしていたこともあり、
思っていたような戦果をあげられませんでした。
唯一エンストしたのは、老人に好意を示す上Sのおっちゃんでした。
老人の作戦は完全にスベって、そのままスタート!

老人を抜いてトップに出たろうと思って1コーナーに入ったら、オーバースピード。
えらくアウトに膨らみましたが、なんとか立て直して2コーナーへ。
その2コーナーを曲がったところで右斜め後方からドカーン!
誰だか知りませんが2コーナー出口で膨らんだカートにやられた感じです。
コース左脇のクラッシュパッドにグサッ!
お疲れ様でしたー。
1周遅れで再スタートしましたが、最後尾についていくのがやっと。
本気で走りましたがタイムも28.2。
やっぱりなんかおかしいです。
こんな感じでテストもしないでレースばっかり出てても全然変わりませんねー
えらいこっちゃ。

コメントの投稿

非公開コメント

参男は見た

あらいやだ、次男さま。

クラッシュパッドに消ゆ…

そうですかーー

ついに甘い誘惑にはまりましたかー
コレで来期はチームはまぐりへの移籍濃厚ですね
「チームはまぐりビレル3重士」決定か?

>市原悦男殿
YHオープン2戦出て、2戦とも0周クラッシュですわi-238
あの人だけ最後まで普通に走れたのが悔しい。

>Mパパ殿
鈴鹿お疲れ様でした。
ダメです。
僕にはあの方をサードドライバーに格下げするようなことはできませんi-199
プロフィール

Jean Aoji

Author : Jean Aoji
Osaka Japan, M, A+
Chassis : Birel RY31-S1
Engine : ROTAX FR125MAX

カウンター


↓現在の閲覧者数↓

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。