スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

freedom

ハイ、現場検証に行ってきました。
レース当日迷ったリアトレッドを試したり、
古タイヤのときと全く同じセットにしたり、
フロントスタビつけてフロアパネルちゃんとボルトで留めて標準セットっぽくしてみたり…。
どうしてみても38.2~4。
タイムが出ないと、無理して走りも目っ茶苦茶になって、ナニがどうおかしいのかサッパリ分からなくなりました。
アルファノの液晶、隠した方がええかも。

散弾銃で撃たれたかのようなシート穴はハマっていることを物語るに充分でございます。
走行後、補修してもらおうとシートを外していると、右のステーが効いてなかったことが判明。
フレームに直接つける方の穴も4っつの穴が合体した感じになってたので、結局シート右側はほぼフローティング状態だったようです。
それで、3とか7(コーナー)辺りが特にフラフラだったのか。
しかし、そんなに影響ないんじゃないかと思われる第1区間も遅いしなー、ムムム。

ってことで、

大丈夫!シートちゃんとつけたら全然問題ない。今度乗ったらキマりまくってビックリするで。

と考えるか、

あー、そんな単純なもんやない。基本的にカートの特性に合うた乗り方になってないし。あと半年は苦労せなアカンのちゃうかなぁ?

と考えるかは、

ジャジャジャジャン

自由だぁ~!

♪シート is freedom. (Tillettとかもあるしな~)

♪シート位置 is freedom. (大事やし、いろいろ試してや~)

♪シートステー is freedom. (それアカンがな~)

セ~ンキュー!

コメントの投稿

非公開コメント

俺のブルースが聴きたいか?

シート交換するのは…自由だぁぁぁぁぁァァァァァァァ!!!!!!!

シート交換 is freedom

いまだに慣れない部分はありやすが、タイムはうpしますたよ

でも、その状態で交換するとドツボにはまったりして(・∀・)ニヤニヤ

やっぱbirel系には黙ってTillettのT8を付けといたらええっちゅーことですか。
また諭吉が2人ほど飛ぶのか…i-282

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ケツ割れ2回補修して、くびれてる部分の折り返しやら、シートステー周辺にヒビが入ってる状態のシートからの交換ですし、変えればいいってもんではないと思いますよ。
シートポジションもちょっぴり変更てますすし...

あと、ぶっちゃけ、乗りやすいかってーと、そういうわけでもないし...

よ~く考えよ~♪ お金は大事だよ~♪
プロフィール

Jean Aoji

Author : Jean Aoji
Osaka Japan, M, A+
Chassis : Birel RY31-S1
Engine : ROTAX FR125MAX

カウンター


↓現在の閲覧者数↓

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。