スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんでじゃー

開幕戦を振り返って、
「はぁ~、正月に交通安全祈願しといて良かったぁ。」
などと言ってるバヤイではありませぬ。

タイムが遅い!タ~イムショック!
しかも、ニュータイヤ履いて余計に遅くなったのもミステリアス。

1年前の2006年開幕戦は、まだフレッシュマンでした。
その時のレース中のタイムは37.455。
この前は38.452。
ほぼ1秒退化してます。

回らんかったらエキパ並に速いで
と言われてたあの頃が懐かしい
今は、事故らへんけどフレッシュマン並に遅い!

なんかアレジというより、振り向けばブーツェン的なキャラになってきたような…。
あー、いかんいかん。

タイヤが新しいうちに原因究明テストに行かねば…。
ということで、今日行ってきました。
続きはまた

コメントの投稿

非公開コメント

シート変えて、開幕戦直前までオロオロしてた俺が通りますよ。
すまんな。君。何分運転手が未熟なもんでね。

μηκοタイヤでよかれと思ってやったセッティングが、ニュータイヤのグリップではよろしくなかったということ?

アランチォーネの時は、古タイヤでマシなバランスにして、本番は前後ともちょっと広げてニュータイヤ履いて、フツーにコンマ5くらいは上がったもんだすけどねー。
ニューシート、まだ慣れまへんか?
実はシート購入考え中。

恐らくは

タイムダウンの原因は、最低重量が増えた事と、イニシャルセットとニュータイヤのグリップに対して悪かったからだと思います。

最低重量が増えると、2コーナー以外を幾分突込み気味(ブレーキ我慢ではなくて、進入スピードを上げるほう)で行った方が良い場合が多いですよ。結局、重くなれば立ち上がらなくなるので、以前より通常の進入スピードは落ちてるはずですから。
さらに、立ち上がらない分は旋回スピードで対処すると。

そして、ビレル・ヤマハ系フレームに言える事は、ニュータイヤを履いてもタイムアップしない事が結構あるって事ですね。
特に、古タイヤで良い状態なんかだと、冬場でもニュータイヤだと旋回中に喰われてる場合があるので。
はっきり言って、ビレル・ヤマハ系は、基本安定志向に振らない方が良いです。乗ってて感覚的にシビアに感じる(特にブレーキ~進入で)方が、
結果速くなります。特にレース等でラップを重ねる場合は。

ところで、アランチォーネは暫く保有しておくんですか?
もしよければ1度レースでお貸し願えないかと。もちエンジンはナガオでレンタルしますが。

それと、日曜日に休める時があればビレルにものさせてもらえたらとか思ったり。

むふぅ

もー、TIAからちゃんとやって、身も心もbirel・YAMAHA系に染まらんと駄目ですかねー。
5kg増えたのは結構響いてますね。
あと、DUNLOPの02タイヤがアーハーン?だった説もあります。
他の人達も遅かったですからね。
アランチォーネは早く軍資金に換えないといけないんですけどね。
ビレジと付き合いだしてから費用がかさみまくりで…i-230
またメールします。
プロフィール

Jean Aoji

Author : Jean Aoji
Osaka Japan, M, A+
Chassis : Birel RY31-S1
Engine : ROTAX FR125MAX

カウンター


↓現在の閲覧者数↓

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。