スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年開幕戦(2)

◆タイムトライアル

下位グリッドに沈むことは避けられません。
もうタイムより、レースに備えタイヤの皮むきをしっかりやることです。
アウトラップは勿論のこと、アタック後のインラップも一生懸命皮むきしました。
ただ、皮被り対決は勝ちたかったのですが…。
老尊 40.308 12位
青ジ 40.326 13位
僅かに負けてしまいました。
てか、勝ち負けというより、グリッドが近いことが気が重い!
なお、TONYのワークススーツを新調してきたゲッツ氏が最低重量に100g足りなくてタイム剥奪により15位になりました。
後ろから突っつかれそうです。


◆予選ヒート(10周)

13番グリッドからのスタート。
もうね、バンバン抜いていきましたよ。
止まってるカートを
ってことで、事故が多かったですね。
去年の第6戦みたいでした。
周りの騒がしさに比べると自分の周辺はえらく平和で、何位か分からずフィニッシュしたら6位でした。
しかし、カートのフィーリングは良くなかったです。
いつもと違い、新品タイヤの有難さが感じられなかったですねー。
このヒートのベストは38.34。
金曜の古タイヤの時の方が走りやすくてタイムも出てました。
スプロケをぶっつけで1サイズ上げたのも影響してると思うんですが、またオーバーステアが強くなってしまいました。


◆決勝ヒート(15周)

さて、決勝6位スタートは自己ベストタイです。
昨年第6戦の6位スタートの時は押し掛けでチェーンが外れてリタイアでした。
あの時はカートもキマってたので決勝が楽しみだったんですが、今回は予選ヒートで得た棚ぼたポジションを守れるか?ってとこです。
さぁスタート。
1コーナーで5位に上がり、2周くらいはそこそこついていけたんですが、タイヤが温まって他車のペースが上がってきたら駄目!
温まりきらない時の方がバランス的には良かったです。
ついてけない~!&乗りにくくて無理できない~!
ミスって6位に落ちましたが、その後、後方のカートが追いついてきません。
あれ?予選で下位に落ちてしまった強豪がきても良さそうなのに…。
よく後ろを見ると、間をあけて黄色と黒のスーツ。
そうです。
老尊氏が妖怪とうせんぼジジイの本領を発揮してくれてました。
その姿は義経を守る弁慶のようでもあり、非常に心強かったです。
お蔭で僕はほとんど単独走行。
あれがチームプレーなんですね。
あ、違うか、あの方、本家を破門されたんでしたっけ?
終盤、大先輩が抑え切れなかったFベックのT君が追い上げてきてましたが、時既に遅し!
前の方でチャンピオンJOE氏とゲッツ氏の絡みもあり、38.452という遅いベストタイムでまんまと5位チェッカー
これだけでも超ラッキーだったんですが、レース後の車検で2位のバッタ乗り氏が失格!
なんで?眉をひそめながらも口は弛みます
知らずに座温センサーつけてたみたいです。
温度センサーがNGなんじゃなくて、プラグシムを外したり付け替えたりするのがNGなんですよね、多分。
ってことで、結局4位っちゅーことに。
いやーホントに今日は棚からぼた餅がいっぱい出てきた日でありました。
ビレジ君、今のところ速さはないですが、運はありそうです

優勝はハマグリのスマイル・ハマー氏。
TT、予選、決勝、それにファステストラップ。
完璧な勝利でした。
エンジンOHで絶好調になったんですかねー。うらやましー!
おめでとうございます。

バッタ乗り氏は、そんなハマー氏に劣らぬ走りを見せておきながら、残念な失格でしたね。

リザルト見るとトップ争いの2人だけが37秒台。
事故が多かったり、大先輩トラフィックがあったりしたとは言え、タイム的には全体的に遅~いPRDクラスでした。

お疲れ様でした!

コメントの投稿

非公開コメント

なにわともあれ

自己ベスト順位で開幕戦を
終えれたのは良いことでは
ないですかね^^
とりあえず、次は後一歩上を

トラブル?もありましたが、良い開幕戦でしたね。次のフェスティバルは私も出ますんでお手柔らかに。

>怪鳥
今回の内容で10ポイントゲットはめちゃ美味しかったです。
次は第2戦の前に2/12北神戸PRDフェスティバルに参戦します。
頑張りまーす。

>びれらー殿
セルオープンクラス表彰台おめでとうございまーす。
フェスティバルはMT01で出場でしたっけ?

入賞おめでとうございます

青痔さんもジイもKT並みのタイムでしかも繰上げで入賞できてほんとにおめでとうございます 練習の成果がでましたね・・・
当方は・・・熟練猛者を相手に出だしで撃沈され追い上げ順調かと思いきやこのクラスにも新たに現れた若きクラッシャー○お君にコズカレながらヨレヨレで終わりました。フェスティバルはKTエンジンで参戦しても大丈夫なような気がしてきましたが・・・

ありがとうございます

しかし…
♪これってホメことばぁ~?
これってホメことば~?♪
http://www.nhk.or.jp/a-room/project/p_vol08.html
ま、調子の良くないときにも入賞を外さないっちゅーのは地力がついてきた証拠ですんで、遠慮なく喜ばせていただきまーす。
金太郎さん、去年はほとんど単独走行だったので、今年は揉まれに揉まれて下さいねi-176

フェスティバルにはイントレ君で出場です。うんこタイヤでの練習もそのうちにしますよ!

僕はビレジのまま参戦です。
うんこ練習もいいですけど、スタート前にふくらはぎ伸ばしといて下さいよi-278

皮被り対決は、やっぱり。
亀の甲よりとs(ry

年の功

因みに亀の方は被ってませんので。
神様は知りませんけど。
プロフィール

Jean Aoji

Author : Jean Aoji
Osaka Japan, M, A+
Chassis : Birel RY31-S1
Engine : ROTAX FR125MAX

カウンター


↓現在の閲覧者数↓

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。