スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終戦を振り返って

リザルトはこちら参照。

くどいですが、予選ヒートだけでもドライでやりたかったなぁ。
ウェットだと、パッシングしても満足感がない!
ドライならズバッと気持ち良くカッコ良く抜くところを、ヌボ~ッといかざるを得ませんからねぇ。
あと、みんなレインウェア着るから華やかさが無いわ、誰なのか判別できないわで…。

まぁ、しかし、自然との闘いもモータースポーツに必要な要素ですので、次のレイン・コンディションに備えて課題を整理しておきましょう。

●手が冷たい件
いつも使ってるグローブを使ったが、手が冷たくてジュクジュクで気持ち悪かった。
ゴム付軍手をセッション毎に換えて使ってる人もいたが、その方がいいなぁー。
防水グローブがベストやけど。

●足が冷たい件
これも同様、一日気持ち悪かった。
靴下換えてもすぐビショビショになるし。
なんらかの対策を考えたいところ。

●決勝終盤、低回転域でかぶり気味だった件
特に2コーナー立上がりで苦しくなり、3コーナーでガンガン来られた。
雨が本降りではなかったので、ノイズボックスにカバーをせず、下に向けただけで対応していたのがマズかったのか?
カバーを作るのはもちろん、レインで使うノイズボックス自体もテストが必要だ。

●ウェットでもっと速く走る為に
トップ争いしていたカートのタイムは驚異的。0.9秒も速い。
少しでも近付くためにどうするべきか?

・もっと歯数の多いスプロケを持つ必要あり。
1コマ上しか持ってなかったが、2コマ上と3コマ上も要るなー。

・カラーを足してフロントをもっと広げて試したい。

・トーの調節がしたい。
上位モデルにすれば調整できる。

・いろんなエア圧で感触を掴んでおかないといけない。

・もっと身体を使って曲がらないといけない。

そんなところか…。

そういえば、例のばかさか氏のブログに犯人からの犯行声明文が送りつけられてきた。

ちくしょー!
新車でパワーアップして2007年開幕戦に臨んでやるー!

コメントの投稿

非公開コメント

雨で練習

ちゅうか、お互いもっと雨の練習をしなければならないと思いません?

私もトップのタイムより1秒以上遅いのは、明らかに雨の走行の経験が少ないからだと思います。と言う事で冬は寒いので暖かくなった春からは雨を狙って練習に行こうと思ってます。

お疲れさんでした。
ウェットだとドライ以上に差がつきますよねー。
僕もそこそこ山のある手持ちのレインが2セットになったので、使いモンにならないうちにウェット練習に身を投げ出す覚悟であります。
レース前日の雨の中、今年の全日本JrチャンピオンのO君がスリックで長~く走ってました。で、本番42秒台。
あーいうのも身体を使って曲がる良い練習になるんでしょうねー。

最終戦おつでした。

はぁ、雨練習戦とだめですなぁ…
ε-(´Д`)

いや、それ以前にドライでもまだまだだかぁらなぁ…orz

お疲れさんどした。
この前はTIAクラスも台数多くて面白かったです。
やっぱクラスの多さより台数の多さですよねー。
PRDにクラス変更するという噂はどうなりそうですか?
すんません。PCまだ手をつけてません。
プロフィール

Jean Aoji

Author : Jean Aoji
Osaka Japan, M, A+
Chassis : Birel RY31-S1
Engine : ROTAX FR125MAX

カウンター


↓現在の閲覧者数↓

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。