スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊株式1109

はい、というわけで、
今週は木曜金曜のドッタンバッタン相場で終わり、
その決着は次週に続く~!って感じでした。

まず木曜夜にヨーロッパ中央銀行ECBが、
世界中のエコノミストの意表を突くサプライズ利下げをやったのが皮切り。
それで、どどどどどーっと世界中の株価指数が上がったと思いきや、
米国GDPが良かったことを受けて倍返し以上の株安に。
なんで株安方向に行くかといえば、
米国の経済指標が良い!→米国金融引締めの可能性が高まる!
ってことなんですよね。
でも、金曜夜の雇用統計では良い結果を素直にとって株高に動きました。
ただ発表直後の動きは上か下かえらい迷ってましたけどね。

ユーロの利下げについては、欧州債務危機の懸念後退により、
最近のユーロは強すぎましたもんね~。
でも、現在、経済好調のドイツにとっては、これ以上のユルユルは、
バブル膨張に繋がる恐れがあるのでどうなんでしょうか?

さて、日経平均CFDの日足と週足。
225.png

金曜の早朝、直近のボトムを結んだトレンドラインを大きく下抜けして、
これは保ち合い下っぱなれキタ━(゚∀゚)━!と思ったら、
夜には強く切り返して大きな陽線が出ました。
弱いのか強いのか、なかなかむず痒い状態です。
トレンドライン的には厳しいのですけど、
移動平均線とストキャの関係的にはここから上げるのもありな感じです。
週足では上昇相場の調整中なんですが、
橙ラインまでズルっと下げるようなメリハリの効いた価格の調整ではなくて、
時間の調整で移動平均線が収斂するのを待つのかもしれません。
とにかく5月までの上昇が凄すぎて、長期的には非常に分かりにくい状態が継続しています。

次、NYダウ。
ダウ

こちらはダイナミックなトレンドレスから上っ離れしそうな勢いです。
週足ではMACDが陽転。
ちなみに、7日には、ついにツイッターがNY証券取引所に上場しました。
ナスダックじゃなかったんですね。
個人的には、facebook的なSNSの将来はそんなに楽観できるものではないと思いますが、twitter的なものは廃れないと思っています。
twitter的なものがいつまでもtwitter社が最大手であり続けるかどうかは別問題として。

次、ナスダック。
ナス

7日の大陰線を良い押し目にして上がっていくのでしょうか?
どっちかいうと久しぶりの休憩の合図に思えますが…。

今回は欧州の反応が興味あるので、
ドイツのDAX指数を見ておきましょうか。
ドイツ

ナスダックによく似ていて、ナスダックよりも強いですね。
ドイツ株、長く見ていませんでしたが、こんなに強かったんだ(^_^;)

まー、実体経済にはいろいろな問題を抱えつつも、
その問題を見てみないふりをしているかの如く、
世界の株式指数は一応の長期上昇トレンドを継続しており、
中国では溜まったマグマがそこかしこから吹き上がりつつある。
2014年に向け世界はどう動こうとしているのでしょうか?

日本株の来週の展望としては、
どっち行くのかさっぱりわかりません(≧◇≦)
週足でトレンドが出てないので、
当然といえば当然なんですが…。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jean Aoji

Author : Jean Aoji
Osaka Japan, M, A+
Chassis : Birel RY31-S1
Engine : ROTAX FR125MAX

カウンター


↓現在の閲覧者数↓

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。