スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酔っ払っちったよ

そうなんです。
この春オープンした東京バーチャルサーキットに寄ったのでした。

20120529134644.jpg

世界に数台しかない最新のドライビングシミュレータで、F1が開催される世界各国の有名なサーキットや、国内のサーキットが走れちゃうのです!

この筐体からして2008年のレッドブルの型そのままなので、それだけで興奮しますよね。

20120529135203.jpg

こちらの御方が元GTドライバーの砂子塾長。
僕より4歳上ですけど、ちょいワルな感じでモテそうですね

まずは、体験コースとして富士スピードウェイを5周計測。
マシンはですね、もちろん、いきなりGP2です!
そりゃ30年遅れてきた天才カーターと呼ばれていた僕ですから、自ずとそうなりますわな

ということで、走り始めたんですけどね。
パドルシフトとはいえ、ギア操作の要るクルマに乗るのは、大学時代にヒトのクルマをちょこっと借りた程度なんですよ、ボク…。
前日のイメトレでは、一応コーナーのギアも覚えてたんですけど、ブレーキングとの両立に四苦八苦ですわ。
あと、実際のgは掛からないシミュレータなんですけど、ステアリングの反応がリアルで、結構疲れますし汗もかきますよ。

で、まぁ、いっぱい回りながらも、なんとか走り終えて、データロガーで塾長からアドバイスを受けます。

ブレーキング褒められちゃいましたよ。
ガツン!っといってから左足の力を抜くタイミングとステアリングの切り角の関係が非常によろしい!
ということでした。
荷重移動をうまく使えていると。

褒めたらあかん!

そうなんです。僕は褒められて育つタイプでもあるのですが、社交辞令と受け取る思考回路がないのです。
続いての30分トレーニングコースは、富士の完成度を高めていこうと思っていたのですが、ちょうどモナコGP直後でモナコのコースがお得価格だったんですよね。
気が大きくなっていた僕は、基本もできてないのにモナコを選択したのでした。

これが悲劇が始まりです。
ムービーでどうぞ。



…。
笑うとこじゃねぇ!泣くとこだー!


実はですね、体験コースの富士から薄っすら酔ってしまってたんです。
で、アウトラップでタイヤ熱入れ中のミラボーからステーションヘアピンで酸っぱいものが喉にこみ上げてきていました。
吐かなくて良かったわ、ほんま。

もうこのあとは酔いっぱなしで、法廷でも頭痛と吐き気に苛まれ、帰りの新幹線で爆睡してやっと復活したのでした。

砂子塾長が仰るに、子供の頃車酔いしていた人は、三半規管のトレーニングをしないと加齢とともにまた弱くなっていくそうですわ。
次回リベンジのために、毎日でんぐり返しをして、水泳なんかもするとイイみたいです。

ちきしょー、ここへきてどんだけ自分を磨かんとあかんねん!
実際にTDPの教育にも使われていて、Fポンの現役ドライバーも舌を巻くシロモノ。
何日か前も、塚越広大選手が「練習」に来ていて、直後のオートポリスで勝っちゃったみたいです。
また行きたいぜ!TVC!

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【酔っ払っちったよ】

そうなんです。この春オープンした東京バーチャルサーキットに寄ったのでした。世界に数台しかない最新のドライビングシミュレータで、F1が開催される世界各国の有名なサーキットや

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jean Aoji

Author : Jean Aoji
Osaka Japan, M, A+
Chassis : Birel RY31-S1
Engine : ROTAX FR125MAX

カウンター


↓現在の閲覧者数↓

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。