スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈まぬ太陽

謙さん、ギザかこよす

20111208165022.jpg

このところすっかり昭和づいてしまいました。

この映画もおもろかった。
3時間以上の大作ですけど、長さを感じませんでした。

組合運動と弾圧、男の矜持と家族など、
自らの体験とオーバーラップするところが多く、
渡辺謙演じる主人公には大いに感情移入できました。

で、この主人公には実在のモデルがいるということで、
えらく感心してしまったんですけど、
調べてみたら結構美化されているようですね。

がっくりというかなんかホッとしました。
観て感動しながら、あまりの主人公の完璧ぶりに、
自分が苦しくなるんですよね。

この小説、週刊誌に連載されるときも、映画化されるときも、
日本航空があからさまに不快感を示していました。

公開当時は、なんてケツの穴の小さい会社だ!
と思っていましたが、
例えば一番のワルの日航(劇中では国航)社員が架空人物だったり、
重要なポイントにフィクションが仕組まれているんですよね。

もっとも、原作者も映画会社も、
ノンフィクションだとは言っていないわけなんですけども。

大勢の国民がどこまでが事実か分からないまま観たことを考えると、
日本航空にはちょっとだけ同情しますね、この点に関してだけは。

そういう面でこの映画がフェアなのかどうかは置いておいて、
フィクション小説の映画化として観れば、
非のうちどころのない良作なんだと思います。

大人の男が感動できて、自らの生き方が問われる映画ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

「白い巨塔」もしかり、山崎豊子の原作は骨太でいいですよねー( ´ ▽ ` )ノ

正義VS悪の対立構図がはっきりしてるところが、いささかドラマ仕立てではあるけど、わざとらしいフィクションに感じさせないし。

て、なんか時間余ってます!?
独身の方でしたっけ…? 笑

骨、太いよね~

白い亀頭、いや巨塔では、里見先生と自分が重なる部分があって…。
顔ちゃうで、状況ね。
水野真紀が子供を連れて出ていくところで、江口洋介と酒を酌み交わして語り合いたくなった
ラストの方で財前と里見が二人で会話するときは男性ホルモンが泣くよね。

今週は店のことでそんなに時間を奪われなかったので余裕ができのだ 

白い亀頭

それは間違いなく病気です。
私に執刀させてください。
プロフィール

Jean Aoji

Author : Jean Aoji
Osaka Japan, M, A+
Chassis : Birel RY31-S1
Engine : ROTAX FR125MAX

カウンター


↓現在の閲覧者数↓

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。