スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禿げた感想

人生の悲劇は二つしかない

一つは 金のない悲劇

そして、もう一つは

金のある悲劇



ハゲタカ

いやーオモロかった。
テレビシリーズ(全6話)から映画まで、
30時間のうちに一気に観てしまいました。

M&Aのイメージを掴むのに役立つかな?と思ってたんですが、
意外にも人間ドラマでハートにビシビシ来てかなり泣きかけました。
柴田恭兵のほっぺの動きが泣かせるんですよ

ちょっと映画の方はスケール大きくしすぎて、
またストーリーのどんでん返しにあの現象を使うか?みたいなところがあって、
少し興ざめした部分もありはしましたが、
テレビシリーズはもう100点満点。

労働者、経営者、資本家、
この資本主義の世界で自分はどういう生き方を選ぶか?

資本主義のルールと日本人の感覚の相容れない部分。

いろんな問題提起があり、考えさせられました。

弱肉強食の世界であり、様々な悲劇は起こりますが、
立場や運命を自分次第で変えることのできる今の世の中は、
僕的にはそんなに悪くない世界だと思います。
良くも悪くも自業自得ですもんね。

金のある喜劇

に身を置きたいもんです


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハゲ、薄毛で悩んでいませんか?

ハゲ(禿、禿げ)とは、老化や疾病などにより髪の毛が薄くなった、もしくは全くない頭部のことをさします。ハゲは嫌だぁ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Jean Aoji

Author : Jean Aoji
Osaka Japan, M, A+
Chassis : Birel RY31-S1
Engine : ROTAX FR125MAX

カウンター


↓現在の閲覧者数↓

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。