上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろんな出来事を時系列で追っていくと結構しんどいので今日はドライビング・インプレッションなんぞをひとつ。いつもImpulseのタイムアタック大会で借りてるカートと比べての印象ということになると思うが。

セッティングはもちろん北神戸標準仕様にされているらしい。
まずエンジン。パワーはそんなに違いは無いような気がする。振動は少な目かもしれない。むずがゆくも感じなかったし。
ブレーキもそんなに違わないのではないだろうか。
すなわち加速と減速についてはビックリすることは無かった。
しかし驚いたのはコーナーリング中のマシンの挙動だ。シャシーとタイヤ、どっちがどれだけ影響しているのか分からないが、とにかく回り(スピンし)にくい。急減速となる2コーナーではステアしながらいろいろ変なブレーキングを試みたが、ことごとく立ち直せてしまう。ロックしてリアが暴れても飛び出しそうな恐さはない。コーナーでも荷重に素直に反応してくれるので舵角が小さくて済む。結局ノースピンだった。

第一印象として良いのかどうか分からないが、速いというより扱いやすいなぁという感じだった。

タイムの方はセッションごとに
39.0 38.8 38.6 38.5 38.4 38.3
と、徐々につめてはいけた。
しかし、春にPRDを借りて100ラップの闇練をした直後は身体がコースを覚えているほどだったが、かなり走り方を忘れてしまっていた。特に7コーナーと最終コーナーは酷かった。7コーナーはどうしても突っ込みすぎるし、最終はおいしいラインが分からない。今度走る時は各コーナーについてS氏にレクチャーを受ける必要ありだ。
↓(7コーナーに手こずるの図)
7コーナーに手こずるの図

ベストは38.32、セオリータイム(区間ベストを足した値)は38.15。
PRDフレッシュマンで勝ち負けするには38秒フラットは出しておきたいところ。PRDレンタルでのベストが38.67なので内心もっといけるかと思っていたが甘かった。ま、レコードラインさえしっかり分かってない状態でそんなもん出るワケないわな。次は37秒台を出してやる。今度からは気温も測っておこーっと。

走行後に重量を測ってもらったら141.7kg(PRDクラス最低重量140kg)。なんとウェイト無しでいけそうだ。それどころか燃料を普通に入れたら5kg程オーバーしてまう。
ウェイト載せなくて済むのは良かったが、レーシングでも要減量かぁ…。
まぁウェイトでのタイムの落ちを考慮しなくていいので気は楽だ。
(続く?)

tazi氏、写真ありがとさんです。
スポンサーサイト
プロフィール

Jean Aoji

Author : Jean Aoji
Osaka Japan, M, A+
Chassis : Birel RY31-S1
Engine : ROTAX FR125MAX

カウンター


↓現在の閲覧者数↓

最近の記事+コメント
月別アーカイブ
08 ≪│2005/09│≫ 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。